アルファブロガー2006 結果発表

アルファブロガーの2006年版が発表されています。
半分くらいはRSSリーダーで購読している人たちですが、自分的には「?」という感じです。

そもそもアルファブロガーってどういう定義なんだろう?
自分のイメージでは、ブログを通じて多くの人に影響を与える、情報収集能力よりも情報発信能力に長けた、いわゆるオピニオンリーダー的な人を言うと思ってたんだけど。
だから、新しい商品の紹介とか、海外ニュースの邦訳とか、技術の解説とか、そういうのはちょっと違うと思う。それなりに自分の意見や考えが入っていないと。

このリストでは、IT業界、Web2.0な世界の人には分かるかもしれないけど、それ以外の人にはピンとこないだろう。そもそもブログっていうのはパソコンとかよく分からない人でも簡単に情報発信ができるのが良いところであって、そういう人たちからもっと選出されるべきだと思う。
今年から評価方法が変わったみたいだけど、去年までのリストの方がまだ納得できる。なんか今回の評価方法はズレている気がするなぁ。

じゃあどういうブログが、って言われるとすぐには思いつかないんだけど。自分もこのリストに挙がったようなブログばっかり見ているから。「アルファブロガー」っていう言葉を知っているような人間が選べばこういう結果になるのは仕方ないのかな。もっと一般の人たちにまで門戸を広げたランキングを見てみたい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。